びーしょくくらぶ フーディーズ
スペーサー
このページです
フーディーズ連載記事
愛知・郷土料理の旅
クッキングサロンと講座のご案内
お店のご紹介
トップぺージへ

  夏に涼を求めるものと言えば、打ち水やすだれ、うちわ、風鈴、朝顔の鉢植えなど。日本人は昔から、体感だけでなく視覚や聴覚からも体温を下げる工夫をしてきました。日本の夏は、風情がありますね。ただ、現在ではもう、こうしたことでカバーできる気温ではなくなっている気がします。今年の夏は、本当に異常な暑さです。

 それでも、うちでは今年も軒先に風鈴を吊るしました。ガラスの江戸風鈴と、南部鉄の風鈴を2種。やはり、夏の風景には風鈴がよく似合うと思います。

 唐時代の中国では、竹林の東西南北に「風鐸(ふうたく)」というものを吊り下げ、物事の吉兆を占う「占風鐸」というものがあったそうです。それが仏教建築とともに日本に伝来し、お寺のお堂の軒先に風鐸を吊り下げるようになりました。

 風鐸は東西南北、四方の軒先に吊るされます。青銅製で、強い風が吹くとカランカランという鈍い音を立てます。強い風は、流行病や悪い神を運んでくると考えられていたことから、邪気除けの意味があり、この音が聞こえる範囲は聖域となるので、災いが起こらないと信じられてきました。

 「音(おと)」は、古くから人に害をなす獣や魔物を追い払う楯であり、同時に自分に味方する獣や神を引き寄せる合図とも考えられてきました。そのため鈴や鐘、太鼓、笛といった音の出るものは、人々の暮らしや精神文化に深く関わってきました。

 縄文時代には、既に「土鈴(どれい)」と呼ばれる音を出す用途のものが存在しましたし、農耕が始まってからは、農作物を荒らす動物を追い払うため鳴子を田畑に設置したりしました。現在でも、山菜採りなどで山に入るときには、熊除けなどのために鈴を腰に付けていきますよね。

 文字を持たない共同体においては、人々が神を呼んだり、共同体の結束を確認する儀式に楽器と音楽は欠かせないものでした。現在でも、神社では神事の際に鈴を鳴らしますし、仏壇では鈴(りん)を鳴らして先祖を拝みます。除夜の鐘や、お祭りのお囃子も同じ意味があります。

 「音を出す」という行為には、超常的な力を持つものに対する畏怖と、人間が操ることのできる親しみとがあります。優れた音楽が人の心を動かすように、「音」というのは、古来からとても重要なものだったのですね。

 話を戻しますが、「風鈴」はお寺の軒先に付けられていた「風鐸」を原型として、人々が暮らしに取り入れたものと言われています。この習慣がいつ頃から始まったかははっきりしませんが、平安時代後期には、貴族の屋敷にも軒先に魔除けとして風鐸を吊るしたことがあったと言います。

 「風鈴」という表記は、国宝『法然上人行状絵図』(鎌倉時代末期)に「極楽の七重宝樹(しちじゅうほうじゅ)の風のひびきをこひ、八功徳池(はっくどくち)のなみのをとをおもひて、風鈴(ふうれい)を愛して」とあります。

 絵図の作者が「風鐸」と書かずに「風鈴」と記したのは、中世に鈴を持って踊る様々な「田楽風流踊り」が各地で流行したことの影響があると考えられます。

 強い風と共にやってくる疫病や、魔を除けるための道具として用いられた「音を出す道具」。気温や湿度が上がり、菌が繁殖しやすく病も広まりやすい暑い時期に、魔除けや暑気払いのための器具として、次第に庶民の中にも定着していきました。

 複雑な形状をしている青銅製の風鐸と違い、風鈴は単純な形と構造をしています。金属やガラスを素材として、お椀型をした外身を作り、開口部を下向きに吊り下げられるよう紐をつけ、内側には「舌(ぜつ)」と呼ばれる小さな部品を吊り下げて、紐の先に短冊を付けて風をよく受けるようにしています。

 短冊が風を受けて舌(ぜつ)を揺らし、舌が外身に当たって音を鳴らす仕組みですね。音として涼しげなのは金属製ですが、見た目はガラスの風鈴が夏らしいです。

 シルクロード経由の色ガラスの製法とは別に、無色透明ガラスの製法は18世紀にオランダ経由で長崎に伝わりました。その後、長崎のガラス職人がガラスを見せ物として大阪、京都、江戸で興行したことから、ガラスの製法が日本各地に伝わっていき、19世紀には江戸でガラス細工が盛んに作られるようになります。

 江戸時代末期には、吹きガラスで作られた風鈴が江戸で流行を見せます。その後、大正期には岩手県の名産である南部鉄器の産地でも、鉄製の風鈴を作るようになりました。

 現在では、日本の各地でガラスや金属(鉄、銅)、木、木炭、陶器、水晶など、様々な材質や形状の風鈴が作られています。

 風鈴の音色を聴くことにより、「風が吹いている=涼しい」と脳がイメージし、抹消神経に指示が行き、実際に体温が下がると言われます。冷房のなかった時代に湿気の多い暑い夏をやり過ごすため、日本人は風鈴の音を聞くことで涼しさを感じてきました。

 魔除けであり、見た目と音で涼しさを感じる「風鈴」。日本の夏の風物詩として、これからも暮らしの中に残していきたいものです。


サイトのご案内
 2014年1月9日、NHK名古屋放送局のラジオ番組「夕刊ゴジらじ」に出演し、お餅のアレンジメニューについてお話ししました。スタジオには3品のお餅料理を持参し、試食をしてもらいながらの放送でした。その様子と当日のレシピは、下記のサイトでご覧いただけます。

  http://www.nhk.or.jp/nagoya/gojiradi/archives/2014/0109/index.html

  http://www.nhk.or.jp/nagoya-ana-blog/150/177293.html#more

 2013年2月22日放送のNHK「金とく」のスタジオ収録において、酒肴と器のコーディネートをしました(番組HPに掲載されている取材先での盛り付けは違いますが・・)。企画の流れでゲストの皆さまに愛知県の郷土料理「煮味噌」も食べていただきました。煮味噌のレシピは下記のホームページで確認していただけます。「金とく」は東海北陸エリアの食と文化の情報番組で、中部7県での放映となります。

   NHK名古屋放送局製作番組「金とく」 
  http://www.nhk.or.jp/nagoya/kintoku/archives/2013/20130222/index.html


 私のレシピを掲載している料理検索サイトです。トップページからの場合、「先生を選ぶ」→「高見ゆみ子」をクリックしてお進み下さい。


   ナスラックキッチン http://www.nasluck-kitchen.jp/
foodies


 今年度からこのページは、foodies(フーディーズ)の方々のブログに直接リンクします。それぞれのペースで更新も行われますので、時々チェックしてみて下さい。

「小柳才治の近況報告」
 
小柳才治先生の、ドイツ・ワイン・音楽をテーマにしたブログです。全国各地でワイン教室を開催され、年に数回はドイツのワイナリーを巡るなど、精力的な活動をされている小柳先生。スケールの大きな活動を回間見ることのできる、楽しいブログです。

「ドイツ マイスター修行」
 名古屋市中村区のハム・ソーセージ店「AKITA HAM」は、ドイツ認定食肉加工マイスターのお店。オーナー兼職人の秋田建博さんが、商品のこだわりや近況を綴ったブログです。


「おうち de CAFE」
 2010年に、このHPで「あっきーママのわくわく親子ごはん」を連載してくれていたあっきーさんが、フードコーディネーターENYAとして活動を始めました。知立カルチャーセンターでは、2012年4月から「子育てママのナチュラルごはん」という料理教室を始めています。子育てのこと、料理のこと、彼女の日常の生活を綴ったブログです。

aichi foods

 愛知県の郷土料理のご紹介です。2001年4月~2002年3月まで、愛知県のタウン情報誌に掲載していた原稿のリメイク版。1年間の取材により、季節ごとに12の味を紹介しています。
2010年11月の「食育の担い手養成講座」で考案された愛知の地産料理のページも追加しました。

lecture / gruop

 講座(lecture)は「須田先生の茶懐石講座」、知立カルチャーセンターの「懐石講座」、長久手あぐりん村での「世界の料理講座」、また自主グループ(gruop)として「世界の料理教室」「焼きたて倶楽部のパン教室」があります。こちらのページから各講座の詳細ページへリンクしています。新規参加者募集中の講座もあります。

shop guide

 三重県度会郡玉城町のスローフードレストラン「旬菜 野の花亭」、三重県鈴鹿市の「かふぇ工房 茶蔵(さくら)」など、高見が店舗プロデュースやメニュー提案を手がけたお店へはこちらからリンクしています。リンク集としては、壁紙を頂戴している素材サイトや相互リンクをしている生活情報サイトを掲載しました。

profile

 高見ゆみ子の経歴のご紹介です。仕事のご依頼等につきましては、こちらのページよりお受け致します。
トップページへ
inserted by FC2 system