<


プロフィール


フードコーディネーター 高見ゆみ子

愛知県豊田市在住。
秘書士、調理師、ジュニア野菜ソムリエ、
ティーアドバイザー、テーブルコーディネーターなど、資格各種。

フードライターとして
タウン誌・業界紙・グルメ情報誌等に寄稿する傍ら、
県内各地で世界の料理をテーマにした料理教室を開く。

ヨーロッパ・アジアを中心に世界各国を訪れ、
食紀行をまとめたため、
食の文化的背景を含めたレクチャーを得意とし、
食文化講演も行う。

2002年、三重県度会郡玉城町のスローフードレストラン
「旬菜 野の花亭」をプロデュース。

2003年より、三重県鈴鹿市の「かふぇ工房 茶蔵(さくら)」の
メニュー提案を手がける。

2004年より、バンタンキャリアスクール名古屋校において、
フードコーディネーター養成コースの講師を勤め、
フードビジネスやマーケティングなどのビジネス講座を受け持つ。

2007年より、知立カルチャーセンターにて
「家庭で楽しむ懐石料理」の講師を勤める。

2008年からは、
デイサービスセンターのメニュー提案を通じ、
ユニバーサルデザインフードへの取り組みを始める。

2009年8月より、
レシピ検索サイト「ナスラックキッチン」にレシピを提供。

2009年11月、愛知県長久手町にて
(株)アースアート シーヤの依頼により、
「世界の家庭料理」の定期講座を開く。

2010年9月から逢妻交流館にて、
2012年1月から松平交流館にて、
豊田市内の自主グループの料理指導を受け持つ。

2016年4月より、豊田中日文化センターにて、
「四季を楽しむ懐石料理」の講師を勤める。

実家は兼業農家。
「ローカルに行動し、グローバルに考える」を指針として、
自然と郷土、農業を軸とした食の提案を心がけている。



仕事上のご質問、ご依頼につきましては、
下記アドレスまでメールにてご連絡下さい。


graycats2007-home@yahoo.co.jp


主な講演とセミナー


2006年
「食のトレンドリサーチ2006」
「オンリーワンの店づくり」

バンタンキャリアスクール フードコーディネートクラス授業

2007年
「食のトレンドリサーチ2007」
「フード・マーケティング」
「飲食店は進化している」
「健康情報の選択」

バンタンキャリアスクール フードコーディネートクラス授業

「日本の食文化」
愛知県みよし市文化講演

2008年
「食のトレンドリサーチ2008」
「ドイツワインの知識」

バンタンキャリアスクール フードコーディネートクラス授業

2009年
「集客アップの戦略提案」
バンタンキャリアスクール フードコーディネートクラス授業

2010年
「愛知県の郷土料理」
愛知県農林水産課 食育指導員セミナー

2012年
「時代の流れを読む」
個性心理学上級者セミナー

「食と生活の未来予想」
豊田市立逢妻中学校 食育講演会

2013年
「世界の野菜料理」
愛知県農業大学校 農村輝きネットセミナー

2014年
「塩麹クッキング」
愛知県農業大学校 農村輝きネットセミナー

「愛知県の郷土料理」
愛知県学校給食会 栄養教諭・学校栄養職員セミナー

「四季を美味しく、和の料理」
愛知県一宮市消費生活課 消費生活市民講座

「冬野菜の料理」
愛知県農業大学校 農業者育成支援研修生セミナー

2015年
「四季を美味しく、冬野菜料理」
愛知県一宮市消費生活課 消費生活市民講座

「秋冬野菜の料理」

愛知県農業大学校 農業者育成支援研修生セミナー

「日本のお正月」
愛知県学校給食会 栄養教諭・学校栄養職員セミナー

2016年
「日本の食文化」
愛知県学校給食会 栄養教諭・学校栄養職員セミナー

「夏野菜の料理」
愛知県農業大学校 農業者育成支援研修生セミナー

2017年
「愛知の郷土料理」
愛知県学校給食会 知多地区栄養教諭・学校栄養職員セミナー

「日本の伝統行事と食」
愛知県学校給食会 栄養教諭・学校栄養職員セミナー

2018年
「愛知の郷土料理」
愛知県学校給食会 海部地区栄養教諭・学校栄養職員セミナー


主な著作

B−食倶楽部
1983年から1997年までに、高見が企画・編集した食の同人誌『B−食倶楽部』。海外の食紀行を中心に掲載し、これがきっかけでフードライターの仕事をするようになった。12号まで発行されているが、1号に付き多くても300部程度しか出していないので、今では幻の小冊子となっている。
タウン情報誌『COA』
西三河のタウン情報誌『COA』。これまでに「我が家のカレー大特集」「冬を彩る5つの食卓」などの特集記事のほか、2000年4月から2001年3月までは「愛知 郷土料理の旅」を連載。こちらの記事は現在HPに掲載中。
名古屋とっておきの店シリーズ
知り合いのライター高野史枝さんが編集した飲食店紹介の本。高見が紹介しているのは各誌1店舗だけだが、単なる情報でなく読み物として通用する記事を書いてほしいとのリクエストだった。『名古屋とっておきの店』、『女性が選んだ名古屋の100店』、『旅で見つけたとっておきの店』のシリーズ。風媒社刊。
季刊 食器
『季刊食器』は、(株)総合通信社が発行していた陶磁器業界の業界誌。高見は中国茶・紅茶・コーヒーについて店舗取材し、消費者の動向や、繁盛店の細やかな心配りについて書いた。毎回陶磁器メーカーの新商品やテーブルコーディネートが掲載され、自分でも勉強になったが、現在は休刊している。
ワインの愉しみ
1999年6月に発行された『ワインの愉しみ』は、住宅情報誌ミニミニを発行する全国書籍出版の初めての食関係マガジン。シニアソムリエの島幸子さんがワインの世界を案内する形になっている。高見はこの中で、名古屋のフランス料理店を中心に13店舗を取材。各店の料理とワインについて、その味わいとマリアージュについて書いた。
食情報誌「n@go(ナゴ)」
2001年11月下旬に創刊された『n@go』は、全国書籍出版が発行した東海地方の季刊食情報誌。高見はこの中で「寿司別館まるやま」の取材記事を書いた。このところライターの仕事を休んでいたため、久々の執筆。また、巻頭特集の「利き酒座談会」には、ディナーメンバーの共代ちゃんを送り込んでいる。東海地方の書店で発売。
西三河タウン情報誌「T-wang」
愛知県西三河地方のタウン情報誌「t-wang(ティーワン)」2003年5月号。郷土の味を探る特集に合わせて、「スロー風土の時代」というコラムを書いた。スローフードと愛知の食文化と自分のサロンと野の花亭を取り混ぜて書いてほしいという盛りだくさんの依頼だったので、予定より200字近くもオーバーしてしまった・・。
西三河タウン情報誌「T-wang」
「t-wang(ティーワン)」2003年10月号。この号の特集は『デリ』。今回は市販のお総菜をお洒落に盛りつけるという仕事だったが、時間と手間をかけるなら総菜を買う必要はない訳で、その辺の意味付けに苦労した。この記事に関しては取材を受けるという形で、文章は編集部が書いている。


トップページへ   見出しページへ


inserted by FC2 system